新刊紹介

会員の出版した本(単著)

2021年3月〜6月

今井瞳良

団地映画論 居住空間イメージの戦後史
水声社
2021年3月
紹介文を読む »
紹介文を読む »

甲斐義明

ありのままのイメージ スナップ美学と日本写真史
東京大学出版会
2021年6月
紹介文を読む »
紹介文を読む »

加須屋明子

現代美術の場としてのポーランド カントルからの継承と変容
創元社
2021年5月
紹介文を読む »
紹介文を読む »

北野圭介

ポスト・アートセオリーズ 現代芸術の語り方
人文書院
2021年3月
紹介文を読む »
紹介文を読む »

北村匡平

24フレームの映画学 映画表現を解体する
晃洋書房
2021年5月
紹介文を読む »
紹介文を読む »

髙村峰生

接続された身体のメランコリー 〈フェイク〉と〈喪失〉の21世紀英米文化
青土社
2021年3月
紹介文を読む »
紹介文を読む »

古川真宏

芸術家と医師たちの世紀末ウィーン 美術と精神医学の交差
みすず書房
2021年3月
紹介文を読む »
紹介文を読む »

松木裕美

イサム・ノグチの空間芸術 危機の時代のデザイン
淡交社
2021年4月
紹介文を読む »
紹介文を読む »

山本祐輝

ロバート・アルトマンを聴く 映画音響の物語学
せりか書房
2021年3月
紹介文を読む »
紹介文を読む »

You Nakai (中井悠)

Reminded by the Instruments: David Tudor's Music
Oxford University Press
2021年3月

河野真理江

日本の〈メロドラマ〉映画 撮影所時代のジャンルと作品
森話社
2021年3月

森貴史

ドイツの自然療法: 水治療・断食・サナトリウム
平凡社
2021年3月

劉文兵

日本の映画作家と中国 小津・溝口・黒澤から宮崎駿・北野武・岩井俊二・是枝裕和まで
弦書房
2021年6月

園部友里恵

インプロがひらく〈老い〉の創造性 「くるる即興劇団」の実践
新曜社
2021年3月

Corey Wakeling

Experiments in the Theatre Enclosure
Bloomsbury Methuen Drama
2021年5月

桐生眞輔

古代の文身と神々の世界 横断性図像学からのアプローチ
雄山閣
2021年3月

細馬宏通

うたのしくみ 増補完全版
ぴあ
2021年3月

中村秀之(解説)

戦後映倫関係資料集 別冊 付・全90号審査記録作品一覧
クレス出版
2021年3月

酒井健

特講 私にとって文学部とは何か
景文館書店
2021年5月

片渕悦久

物語更新理論入門 A New Introduction to Narrative Renewal Theory
学術研究出版
2021年3月

広報委員長:香川檀
広報委員:大池惣太郎、岡本佳子、鯖江秀樹、髙山花子、原島大輔、福田安佐子
デザイン:加藤賢策(ラボラトリーズ)・SETENV
2021年10月25日 発行