第14回研究発表集会

日時:2019年11月23日(土) 10:00–18:40
場所:東京工業大学、大岡山キャンパス(〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1)大岡山西講義棟2(西6号館)

事前予約不要
会費:会員=無料/非会員=1000円

チラシ(PDF)をダウンロード


午前 
10:00 – 11:30


トーク:「表現の不自由展・その後」──何が起きたか/何を引き継ぐか
 大岡山西講義棟2(西6号館)W631

永田浩三(「表現の不自由展・その後」実行委員、武蔵大学)
住友文彦(東京藝術大学)
司会:香川檀(武蔵大学)



午後1 
12:30 – 14:30


研究発表1
 大岡山西講義棟2(西6号館)W631

  • 満映に赴いた日本映画人たちの戦後/李潤澤(大阪大学)
  • 溝口健二の映画にみる女同士の絆──『お遊さま』(1951)を中心に/徐玉(大阪大学)
  • 閉塞とスクリーン──リチャード・フライシャー『ソイレント・グリーン』における映画的身体の生命/早川由真(立教大学)

司会:長谷正人(早稲田大学)


研究発表2
 大岡山西講義棟2(西6号館)W641

  • トランスセクシュアルの身体と「ホームのポリティクス」/山田秀頌(東京大学)
  • 探偵小説生成論序説──パースの記号学から出発して/中村大介(豊橋技術科学大学)
  • 衣服としての言語──戸坂潤の風俗論におけるトマス・カーライル『衣服哲学』の影響/五十棲亘(神戸大学)

司会:榑沼範久(横浜国立大学)



午後2 
14:45 – 16:25


研究発表3
 大岡山西講義棟2(西6号館)W631

  • 量子力学的都市──アルド・ロッシ《科学小劇場》の「重ね合わせ」の理念/片桐悠自(東京理科大学)
  • 長谷川三郎の戦後における伝統と近代の問題/鍵谷怜(東京大学)

司会:岡本源太(岡山大学)


研究発表4
 大岡山西講義棟2(西6号館)W641

  • エドワード・ゴードン・クレイグ、岸田劉生・辰弥、バーナード・リーチ、小澤愛圀──モダニズムの忘れられたネットワークをめぐって/山口庸子(名古屋大学)
  • 野田秀樹作品における「神話」と「時間」の関係──『ザ・キャラクター』を中心に/稲山玲(明治大学)

司会:關智子(早稲田大学)


ワークショップ:「映像アーカイブの未来を考える」
 西3号館 W371

とちぎあきら(株式会社IMAGICA Lab. フィルム・アーカイブ事業本部プロダクション部アーキビスト)
常石史子(オーストリア国立フィルム・アーカイブ、技術部長)
小川佐和子(北海道大学)
ミツヨ・ワダ・マルシアーノ(京都大学)



午後3 
16:40 – 18:40


シンポジウム:建築・政治・コミュニティ 大岡山西講義棟1(西5号館)レクチャーシアター
 

山崎亮(studio-L代表取締役、慶應義塾大学)
門脇耕三(明治大学)
白井聡(京都精華大学)
國分功一郎(東京工業大学)



懇親会 19:00-21:00(会員のみ) 大岡山第一食堂



*プログラムは予告なく変更されることがあります。詳細及び最新情報は表象文化論学会ホームページ(http://www.repre.org/)をご覧ください。
*表象文化論学会ではハラスメントの防止に尽力しています。当学会の行事やその他の活動にあたってハラスメントと思われる行動が発生した場合、事務局(repre@repre.org)までご連絡ください。

表象文化論学会第14回研究発表集会実行委員会
國分功一郎 (東京工業大学、実行委員長)
池野絢子 (京都造形芸術大学)
香川檀 (武蔵大学)
門林岳史 (関西大学)
河村彩 (東京工業大学)
木内久美子 (東京工業大学)
北村匡平 (東京工業大学)
北村紗衣 (武蔵大学)
熊谷謙介 (神奈川大学)
白井史人 (名古屋外国語大学)
乗松亨平 (東京大学)
浜野志保 (千葉工業大学)
福田安佐子 (国際ファッション専門職大学)
森元庸介 (東京大学)

問い合わせ先:表象文化論学会第14回研究発表集会実行委員会
〒153-8902東京都目黒区駒場3-8-1 東京大学総合文化研究科表象文化論研究室内
FAX 03-5454-4336 E-mail conference@repre.org URL http://www.repre.org/