表象文化論学会表象文化論学会

Conventions

第5回研究発表集会|研究発表4:「欲動・イメージ・動物化」

日時:2010年11月13日(土) 13:30-16:00
会場:東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム1

・千葉雅也(東京大学/日本学術振興会)「初期ドゥルーズのヒューム/ベルクソン解釈における差異概念と表象批判」
・石岡良治(近畿大学)「欲動イメージとその運命──ジル・ドゥルーズ『シネマ』における部分対象の問題系」
・井上康彦(東京藝術大学)「写真(クリシェ)から力を解放する──フランシス・ ベーコンの写真使用について」
・長谷川晴生(東京大学)「革命的動物──ドイツ保守革命と獣性の省察」

司会:國分功一郎(高崎経済大学)

千葉雅也(東京大学/日本学術振興会)「初期ドゥルーズのヒューム/ベルクソン解釈における差異概念と表象批判」
 近年、ドゥルーズのデビュー作である1953年のヒューム論『経験論と主体性』が再注目されており、Jeffrey A. Bell, Deleuze’s Hume(Edinburgh Univ. Press, 2009)などの研究も出ている。しかし、『経験論と主体性』とその後のベルクソン論(1956年)との関係については分析が十分でない。『経験論と主体性』は、「連合主義」の認識論にもとづく主体化・社会化のプロセスについての一種の実践哲学であった。その後、ドゥルーズはベルクソン論で初めて自らの理論哲学を「差異の存在論」として明確化する。一般に、ベルクソン主義こそがドゥルーズにとって差異の哲学=存在論の基礎と見なされる。しかし本発表では、前‐存在論的なヒューム論は、ベルクソン主義と拮抗する「存在するとは別の仕方で」(E. レヴィナス)の思考を潜在させていた、という仮説を検討する。まず(1)『経験論と主体性』での差異概念の萌芽、およびそれに関連する表象概念批判を分析し、(2)その問題圏とベルクソン的「差異の存在論」とのズレを示す。世界の「潜在的」全体性を想定するベルクソンと、世界を全体性なしの断片群と見なすヒューム、この両者の間にドゥルーズを定位する。ハイデガー的に言ってロゴスとは「結集」であり、後年のドゥルーズの「一義性の存在論」も、多様な差異のアナーキーをそれでも結集するロゴス(いわゆる「戴冠せるアナーキー」)であると言える。しかし本発表では、存在‐論の求心力に抗うヒューム‐ドゥルーズの遠心力を問う。


石岡良治(近畿大学)「欲動イメージとその運命──ジル・ドゥルーズ『シネマ』における部分対象の問題系」
 本発表はジル・ドゥルーズの映画論『運動イメージ』第8章「情動から行動へ━欲動イメージ(image-pulsion)」を出発点に、彼の「自然主義」読解を通じて見出される「部分対象」理論の射程の検討を試みる。
 「欲動イメージ」は彼の映画論のシステムにおいて、興味深い位置を占めている。ドゥルーズはパースの記号論を「再検討」することによって、パースの三つの記号分類に加え、それぞれの中間形態と「零次性」を見出し、六つのタイプのイメージと記号を引き出した(『時間イメージ』第二章)。欲動イメージは情動イメージ(一次性)と行動イメージ(二次性)の中間に位置付けられるが、ここで注目したいのは、欲動イメージに対応する二つの記号すなわち「徴候(symptôme)」と「フェティッシュ(fétiche)」である。
 欲動イメージという中間形態は、リアリズムとしばしば混同される「自然主義」を特徴付けるものとみなされる。自然主義はドゥルーズにおいて恒常的な関心の対象であり、フロイトの「死の本能(欲動)」との関連で読解されてきたが、「徴候」と「フェティッシュ」という記号が担うのは、『アンチ・オイディプス』以降顕著な、精神分析批判を経た上での「部分対象」の問題系である。「全体対象」が退けられた断片からなる自然主義の描像は、きわめて破滅的な様相を呈しているが、そこを通じて見出されるいくつかの理論的ポテンシャルを検討したい。


井上康彦(東京藝術大学)「写真(クリシェ)から力を解放する──フランシス・ ベーコンの写真使用について」
 本発表ではフランシス・ベーコンの絵画に見られる写真的規定について考察する。ベーコンが写真をもとに絵画を制作していたことは再三指摘されてきたし写真と絵画の参照関係も明らかにされている。だが実際にレフェランスとして使用された資料写真自体についての言及は稀である。それらはオリジナルのキレイな写真と比較できない程に変容しているのだ。
 写真はわれわれの視覚をなんらかの形態にはめ込む「クリシェ」であり絵画はこうした視覚的規定とは手を切るべきだ、というのがベーコンの立場である(『肉への慈悲』)。しかし「クリシェ=写真」を破壊しようとする彼の方法自体が写真的規定を受けているという逆説がある。というのも、ドゥルーズがベーコンの絵画を分析する際に導出した「物質的構造」「フィギュール」「輪郭」の三要素から生み出される「痙攣」(『感覚の論理』)は、クラウスが写真に生じる特性として挙げた「痙攣」(「シュルレアリスムの写真的条件」)としてパラフレーズすることができるからだ。つまり、ベーコンの絵画制作の仕方が写真機のイメージ生成と酷似しているということだ。これは言説上のアナロジーであるばかりでなく、彼の資料写真と絵画の比較からも裏付けられる。
 絵画におけるこの写真的規定を示した上で、本発表は、更にそれをかいくぐったベーコンの方法を提示することを目的とするが、それは「transformation変形」と「déformation脱=形態化」の対概念によって説明される。


長谷川晴生(東京大学)「革命的動物──ドイツ保守革命と獣性の省察」
 「こうした卓越せる種族すべての根底には、猛獣を、すなわち獲物と勝利とを貪欲に求めて彷徨する豪奢な金髪の野獣を、認めずにはいられないのである。」(『道徳の系譜学』)ニーチェによって高貴な人間性の古層に見出された獣性の称揚は、そのニーチェを父祖(Erzvater)として展開した20世紀ドイツの保守革命(アルミン・モーラー『ドイツの保守革命1918-32』)において、その最も高揚した対応物を見出すことができる。とりわけエルンスト・ユンガーは、第一次世界大戦という総力戦の「啓示」(カイヨワ)によりもたらされた現実のなかから「魂の底に潜んでいた動物性」(『内的体験としての闘争』)が躍り出る様相を観察している。このような、近代戦争での主体喪失の経験の根底に技術による人間の獣性の解放を見る認識は、代表作『労働者』での有機体と技術・機械の境界の融解という自然観にまで発展することになるのである。
 本発表では、ユンガーの戦間期の代表的なエッセイについて人間動物化論と人間機械論の特異な融合として読解を試みることで、しばしばポストモダン性すら指摘される(コスロフスキ)ドイツ保守革命が、その人間観・自然観において「革命的」とされる所以を明らかにしたいと考える。その参照項としては、「ユンガーら保守革命の著者に対する取り組み」(モーラー)であるハイデガーの講義『形而上学の根本諸概念』が主要に言及されるであろう。

ホーム > Conventions > 第5回研究発表集会 > 研究発表4:「欲動・イメージ・動物化」