表象文化論学会表象文化論学会

Publications|学会誌『表象』|『表象』04

『表象』04

特集:パフォーマンスの多様体──エンボディメントの思想
表象文化論学会=発行、月曜社=発売
本体価格1,800円、ISBN:978-4-901477-64-2
2010年4月27日発売

目次:

◆巻頭言◆
「懐疑と礼節」松浦寿輝

◆特集◆パフォーマンスの多様体──エンボディメントの思想 
内野儀「イントロダクション」
共同討議「ピナ・バウシュ追悼・身体技法の継承と制度化──古典演劇からコンテンポラリー・ダンスまで」浅田彰+岡崎乾二郎+渡邊守章
インタビュー「実験と探究──ダニー・ユンに聞く」聞き手=内野儀
インタビュー「京舞井上流の伝統と現在 井上八千代」聞き手=森山直人
横山太郎「身体の近代──三世井上八千代と観世元滋」
熊谷謙介「パフォーマンスという危機?──2005年アヴィニョン・フェスティヴァルとフランス」
中井悠「失われた情報──時間、フレーム、パフォーマンス、実験的行為(1948-92)」
マイケル・カービィ「新しい演劇」訳=木村覚

◆小特集◆ドゥルーズの逆説的保守主義 
國分功一郎「欲望と権力──ドゥルーズの「逆説的保守主義」を巡って」
小泉義之「思考も身体もままならぬとき──ドゥルーズ『シネマ』から」
共同討議「ドゥルーズの逆説的保守主義」國分功一郎+佐藤嘉幸+千葉雅也

◆投稿論文◆
宮本明子「『早春』と里見?──「『早春』修正入台本」上の加筆修正をめぐって」
対馬美千子「表象の限界にあらわれる人間──ベケットと言語経験のもたらす苦痛」
岩間優希「メディアとしての焼身──1963年、ティク・クァン・ドックの事件をめぐって」

◆書評+ブックガイド◆
堀潤之「来るべき時代の映像論──北野圭介『映像論序説──〈デジタル/アナログ〉を超えて』」
千葉雅也「エチカですらなく──中島隆博『荘子――鶏となって時を告げよ』」
星野太「美的‐政治的判断力のリミット──宮崎裕助『判断と崇高──カント美学のポリティクス』」

ホーム > Publications > 学会誌『表象』 > 『表象』04