表象文化論学会表象文化論学会

News

2017.08.06 第12回研究発表集会(武蔵大学)の応募要項を掲載いたしました。

表象文化論学会 第12回研究発表集会 研究発表応募要項(武蔵大学)

2017年11月11日(土)に、武蔵大学江古田キャンパスにおいて、表象文化論学会第12回研究発表集会が開催されます。カタリーナ・ズュコラ氏(ドイツ・ブラウンシュヴァイク芸大教授)による写真をテーマとした基調講演や、Violet EVAによるショーを含むバーレスクをテーマとしたパフォーマンスセッションなどが予定されています。つきましては、下記応募要項にしたがって、研究発表を公募します。会員各位の積極的なご応募を期待いたします。

【応募要項】

1.応募資格
応募時点で表象文化論学会会員であること。

2.発表内容
広い意味で表象文化論に関係する発表であれば、どのような主題でもかまいません。
ただし、未発表のものに限ります。発表時間は一人25分とします。

3.応募書式
応募者は下記事項を応募フォームに記入の上、電子メールにて所定のメールアドレス(下記「5」参照)宛てに提出してください。電子メールのSubject(件名)には、「第12回研究発表集会応募」とご記入ください。応募フォームのファイル名は、「ローマ字による姓.doc」のように付け直してください(例:suzuki.doc)。

  • 発表者の所属、身分、氏名、連絡先(メールアドレス)
  • 発表タイトル
  • 発表要旨(日本語600字以内、または英語200words以内)
  • 関連する既発表論文書誌及び学会発表
  • 発表に必要な機材(パソコンをご使用予定の方は各自ご持参ください。会場で利用可能な機材の詳細については、使用する教室が決定次第、改めてお知らせします。)

4.締め切り
2017年9月12日必着

5.応募宛先
kikaku@repre.org(これまで使用していたapplication@repre.orgは廃止しました)

6.審査
学会の趣旨に照らして、企画委員会が発表の可否を審査します。 審査結果は9月下旬に応募者宛てに通知します。

7. 旅費補助
遠隔地(200km以上を目安とする)に居住する学生会員・正会員Bの発表者を対象とし、旅費補助を実施します。ただし、日本学術振興会の科学研究費、あるいは所属先で運用されている学会発表旅費補助などを有さない場合に限ります。希望者は上述の応募フォームを送信する際に、あわせてお申し込みください。なお、補助額は一律1万円を予定しています。詳しくは企画委員会にお問い合わせください。kikaku@repre.org

8. 託児補助
大会参加のために臨時託児を必要とする会員のために費用の一部を補助します。詳しくは学会サイトに掲載される「臨時託児補助」ガイドラインをご参照ください。

9.その他
発表セクションはこちらで指定させていただきます。


問い合わせ:表象文化論学会企画委員会
kikaku@repre.org

ホーム > News > 第12回研究発表集会(武蔵大学)の応募要項を掲載いたしました。