表象文化論学会表象文化論学会

Conventions

第12回研究発表集会|関連企画1

日時:2017年11月10日(金)19:00–21:00
場所:池袋ジュンク堂本店イベントスペース

歴史の総合者とは何か?
──『歴史の総合者として──大西巨人未刊行批評集成』(幻戯書房)の刊行を記念して

発表:石橋正孝(立教大学)、橋本あゆみ(早稲田大学)、山口直孝(二松学舎大学)

司会:國分功一郎(高崎経済大学)

参加費:1000円

*要事前予約

申込先:ジュンク堂書店池袋本店 受付1階案内カウンターにて(電話予約は03-5956-6111 まで)

戦後日本文学を代表する作家、大西巨人が亡くなって今年で三年が過ぎた。大長篇小説『神聖喜劇』で名高い大西であるが、敗戦直後、福岡の地で上げた第一声は、批評家としてのものであり、その書評や映画評などは、卓越した読み手の存在を世間に印象づけた。その後も晩年に至るまで、小説執筆と並行して優れた批評を続々と発表し、志賀直哉批判、ハンセン病問題、「神聖な義務」論争に象徴される障がい者の権利にかんする発言、そして、「俗情との結託」批判等々、同時代の社会および文学の状況に対して鋭利な問題提起を重ねたことは周知の通りである。このたび幻戯書房より、大西の未刊行批評を集成した一書『歴史の総合者として』が刊行されるのを期に、大西研究の最前線において「批評家・大西巨人」の仕事を改めて再考しつつ、その今日的な問題提起の数々に応答を試みる。國分功一郎(高崎経済大学)の司会のもと、大西を専門に研究する山口直孝(二松学舎大学)と橋本あゆみに加え、この両名とともに批評集成の編集に協力している石橋正孝(立教大学)の三名が発表者として登壇し、それぞれの視座から論点を持ち寄って、会場との議論に資するべく努めたい。