表象文化論学会表象文化論学会

Conventions

第11回大会プログラム

日時:2016年7月9日(土)/7月10日(日)
場所:立命館大学衣笠キャンパス
参加費:初日は無料。10日は非会員のみ1,000円。

チラシ(PDF)をダウンロード

7月9日(土)

13:00-16:00 シンポジウム(場所:以学館1号ホール)
いま「自己」はどこにあるのか:精神分析、自己啓発、アルゴリズム
松本卓也(京都大学)「統合失調症の時代から自閉症スペクトラムの時代へ」
牧野智和(大妻女子大学)「自己啓発・再帰性・異種混交性」
細馬宏通(滋賀県立大学)「自己観を開く:個の認知から相互行為による認知へ」
コメンテーター:小泉義之(立命館大学)
司会:千葉雅也(立命館大学)

16:30-18:30 企画パネル(場所:以学館1号ホール)
デヴィッド・ボウイの宇宙を探査する
高村峰生(神戸女学院大学)
當間麗(青山学院大学)
田中純(東京大学)
コメンテーター:佐藤良明(放送大学)
司会:北村紗衣(武蔵大学)

19:00 学会賞授賞式ならびに懇親会(会員のみ) 
会場:諒友館食堂


7月10日(日)

午前(10:00-12:00)
パネル1:明治大正期のインターメディアリティ――写真・幻燈・映画の文化的複合性をめぐって(場所:以学館23号室)
・明治期における写真術の日用品への応用/遠藤みゆき(早稲田大学、東京都写真美術館)
・明治初年のスクリーン・プラクティス:映画前史における上映の諸問題/大久保遼(愛知大学)
・連鎖劇の興行形態と日本映画のスタイルとの関係性/上田学(東京工芸大学)
【コメンテーター】長谷正人(早稲田大学)
【司会】草原真知子(早稲田大学)

パネル2:エロスの哲学/哲学のエロス(場所:以学館24号室)
・バタイユにおける思考のエロティシズム/横田祐美子(ストラスブール大学)
・メルロ=ポンティの窪みの現象学/黒澤由里
・『リビドー経済』における「隠蔽」概念について/渡邊雄介(早稲田大学)
【コメンテーター】松本卓也(京都大学)
【司会】加國尚志(立命館大学)

13:00-13:45 総会(会員のみ)場所:以学館3号室


午後1(14:00-16:00)
パネル3:筋肉の表象/表象の筋肉(場所:以学館23号室)
・筋肉と自己──スタローン論序説/三浦哲哉(青山学院大学)
・シュワルツェネッガーとアトミック・マッスル──90年代アメリカ映画における筋肉表象の変容について/入江哲朗(東京大学)
・筋肉的無意識──身体における力の表象と媒質としての筋肉/畠山宗明(聖学院大学)
【コメンテーター】千葉雅也(立命館大学)
【司会】三浦哲哉

パネル4:映像と言語――不可視のインフラストラクチャ(場所:以学館24号室)
・キャラクターのアニメ映像的立ち上がりにおける画面と音の関係について/長田祥一(城西大学附属城西中学高等学校)
・河明かりを見るということ、または映像におけるノイズと実物の関係について/浦野歩(一橋大学)
・プログラミング言語の中の自然言語――映像と意味の相互関係から生じる二重状況/渡邊弘喜(一橋大学)
【コメンテーター/司会】武村知子(一橋大学)

パネル5:神話と共同体――ジャン=リュック・ナンシーの近著『本来的に語ると-神話についての対談』を中心に(場所:以学館25号室)
・神話と政治――ジャン=リュック・ナンシー『本来的に語ると』が照射する共同体の可能性/市川崇(慶應義塾大学)
・「新たな神話」新論――あるいは「途絶」のやり直し/柿並良佑(山形大学)
・神話表現論の系譜――ニーチェ、バタイユ、ナンシー/酒井健(法政大学)
【コメンテーター/司会】渡名喜庸哲(慶應義塾大学)


午後2(16:30-18:30)(パネル8のみ19:00まで)

パネル6:その血はだれのものか?――血液の表象をめぐる顕現と隠蔽
(場所:以学館23号室)
・「世界の都」を開く血——ゴンファローネ兄弟会の受難劇/杉山博昭(早稲田大学)
・霊の身体に通う血――ケイティ・キングの脈拍測定/浜野志保(千葉工業大学)
・戦場から持ち帰られる血――日露戦争における血の幻影/向後恵里子(明星大学)
【コメンテーター】橋本一径(早稲田大学)
【司会】向後恵里子

パネル7:ヴァーチャル空間と現実空間の関係の再検討――デジタルゲームにおけるアフォーダンス、インタフェース、エコノミー
(場所:以学館24号室)
・ヴァーチャル空間にアフォーダンスは存在するか/伊藤京平(立命館大学)
・デジタルゲームにおける視点の多層性――「鏡」としてのインタフェース/向江駿佑(立命館大学)
・越境する複数のエコノミー——ゲームアイテムの象徴的価値をめぐって/シン・ジュヒョン(立命館大学)
【コメンテーター】吉田寛(立命館大学)
【司会】増田展大(立命館大学)

パネル8:テクネーとエピステーメ(場所:以学館25号室)
・機械技術の文化史――ルイス・マンフォードの反時代的アクチュアリティについて/セバスチャン・ブロイ(東京大学)
・1942年と三木清の技術論/榑沼範久(横浜国立大学)
・歴史は螺旋状に前に進んでいる――ヴァルター・ベンヤミンにおける一回性と反復性の抗争、およびその終焉/髙田翔(京都大学)
・アンビエンテとコンテクスト:建築家エルネスト・ロジャースの「環境」概念について/鯖江秀樹(関西大学)
【コメンテーター/司会】大橋完太郎(神戸大学)

ホーム > Conventions > 第11回大会プログラム